美和写真館が保有する手描友禅色打掛です。友禅の特徴は、鮮やかさ、そして細身としなやかさです。

以上が金彩加工を施した秋山章先生の手描友禅色打掛です。クリックして大きくしてご覧下さい。

『友禅』と『唐織』は10,800円の追加料金のみでご利用いただけます。

秋山章

        友禅作家 秋山 章 略歴

昭和6年4月生まれ

昭和24年 京都にて染織工芸を学び、本手描友禅の高級婚礼衣装製造の道に。

昭和29年 高級婚礼衣装創作卸の株式会社 丸章を設立

毎年京都にてロイヤルコレクション•アキラおよび友禅衣装の発表150回以上。

平成5年 ドイツ、デュセルドルフ/ジャパンウィークに招聘を受け花嫁衣装デモンストレーション、衣装展示会を開催する。

同市美術館に代表作「天寿芙蓉峰」を展示寄贈。

平成7年 財団法人民族衣装普及協会より伝統文化賞を賜る。

 

手描友禅打掛

ブライダル業界、経済界、芸能界、スポーツ界の100組を超えるスターの婚礼衣装を製作する。
打掛の製作は構想より仕上がりまでに約3年を要し、
すべて手創りで京都の友禅職人の技と時を経て、婚礼衣裳の芸術品が創造されます。

左上のは『唐織』の打掛です。友禅と双璧をなす最高級品です。

『友禅』と『唐織』は10,800円の追加料金のみでご利用いただけます。


白無垢は5種からお選びいただけます。